めだか育成_痩せ病

メダカはどこまでの高温に耐えられるのか?

危うくメダカちゃんを茹で上げるところでした。

水温が下がってたので少し温めようとストーブの前に置いたのが間違い。

ケータイしばらく見てて、ふとメダカちゃん見たら・・・

{{{白目向いて浮いてる!!!}}}

温度計みたら・・・

{{{温度計じゃ測れないくらい上がってる!!!}}}
※35度以上

「わー!!!!!!」ってケースを手に持ったら

メダカちゃん <はっ!?! 

と魂が返ってきたようでした。

でもブルブルと変な動きをしていたので、これはマズイと思い一旦コップにすくって避難。

コップ内の水温が徐々に下がってきたようで
メダカちゃんも少し落ち着いた様子。

元々いたケースの水温は、汲み置きしておいた冷えた水を入れて
メダカちゃんが避難したコップと同じ温度に下げてあげました。(25℃くらい)

そうして、無事元のケースに戻してあげました。

メダカ育成

メダカちゃん< 温度大丈夫?

わたし< 大丈夫です。25℃くらいです…すみません。

メダカ育成

茹で上げた後のメダカちゃん。

なんか腹ヒレが思いっきり開いてます。

寒いときは閉じてたのに。
(体調悪いと閉じてるらしい)

開いてるのは良い事なのかもしれないけど
ちょっと開きすぎでは…

泳ぎにくそうだし、なんか高温で障害が残っちゃったかなぁ…という感じ。。
しばらく様子みます…。

それにしても、この数週間のあいだに5℃くらいの環境いて凍死しかけたり
35℃以上の環境にいて茹でられたりで散々のメダカちゃん。

体弱そうだけど、ある意味すごい生命力はあります。

この子とは長い付き合いになりそうだ…。

めだか育成|水カビ病・痩せ病治療の経過報告

水カビ病の子と、痩せ病の子どちらも元気になってきたように見え、
薬浴・塩浴を終了させ、本水槽に水合わせして戻しました。

ただ外の水温は最低5℃にもなり、普段との水温差が大きく、体への負担があったのか
痩せ病の子はみるみる元気がなくなり斜めになって寝るように。

死んだ?!と思ったら一応生きているので冬眠しかけていたのかもですが
心配だったので痩せ病の子は室内にもどしました。

太陽光を当てつつ水温25℃くらいにました。
入れ物の周りには保温シートを張りました。

メダカ育成

するとみるみる元気に!

さっきまで横たわってたのに
生き返ったかのように動き回りました。

元気のない痩せ病には必須なもののようです。
太陽光
水温

しかし、暖冬とはいえ夜中は冷えるのでまだ外には出せないね…。

逆に水カビ病の子は外に出て凄く元気に。
伸び伸びできているように見えます。

本水槽は現在7匹。
室内に痩せ病の子が1匹。

この体制でしばらく続きそうです。

ちなみに、室内にいる痩せ病の子の入れ物に水草を入れるとすごい嫌がってる様子。
泳ぎたい方向に水草があるとからまってジタバタします。
うまく水草をよけれないみたい・・・。

なので酸素を作る石だけ入れてその他は何もいれてない状態で飼育してます。

メダカ育成

痩せ病はどうしたら直るのかなー…。

めだか育成|メダカが浮く病気?

一匹ぷかぷか浮いてはぐれている子がいる。

様子を見てたけどちょっと元気無さそうなので隔離。

本水槽の水をそのまま2リットルペットボトルを半分に切ったものに入れて
ぷかぷかメダカちゃん投入。

メダカ育成

やっぱり浮いている。

転覆病…?

室内に移動させ、プチ絶食。

様子を見ます。