めだか育成|水カビ病治療の記録1日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帰宅後、ぷかぷかメダカちゃんを観察すると、
なんと…水カビ的なものがついてしまいました…。

隔離した時から、なんとなーく少し綿っぽいのあるな…と思ってたんだけど…
なんか綿が増えているきがする!

元気そうなら本水槽に戻すことも検討していましたが、
アマゾンから届いたメチレンブルーと天然塩をつかって薬浴&塩浴を行うことに。

メチレンブルーも塩も初めて使うからビビッて少量からスタート。

≪用意したもの≫

・100均の蓋つきタッパー(※新品)
・水温計
・おさかなぶくぶくブロック(※酸素が溶けだすやつ) 1個
・メチレンブルー 1滴(※0.17mlくらい)
・天然塩(※伯方の塩) 3g
・カルキ抜きした水 1L
(※水はカルキ抜きしておいた水で、ぷくぷくメダカちゃんがいたのと同じ室内に
1日おいておいたものなので水温が大体同じ)

メダカ育成

≪手順≫

【1】カルキ抜きした水1Lをタッパーに入れる
【2】天然塩3gを入れて良く溶かす
【3】メチレンブルー1滴入れてよく混ぜる
【4】塩が入ると水の中の酸素が無くなるらしいので、おさかなぶくぶくブロックを入れる
【5】水温計でメダカちゃんのいる水と薬浴用の水との温度を確認、大体同じか見る
【6】メダカちゃんのいる水を超小さいコップ分、袋に入れメダカちゃんもいれる
【7】薬浴用のタッパーに【6】の袋を浮かべて20分くらい水合わせする
【8】10分に1回、袋から10mlくらいの水を取り出し、代わりに薬浴用の水を入れる
(5回くらいに分けてやって、少しずつメダカちゃんを慣らしていく)
【9】大体塩分濃度が同じくらいになったんじゃないか? というくらいで
メダカちゃんのいる袋に穴をあけて自力で薬浴用タッパーに移るのを見守る

メダカ育成

なんとか移動完了!

その後すいすい泳いで苦しそうではないと判断し、就寝。
時間は午前3時…。

朝起きてみてみると元気そうだったので一安心!

メダカ育成

餌をあげるべく、本水槽を見ると・・・ 何と・・・
追加で2匹、水カビ病らしきメダカちゃんが!!

うう…水質が悪いのかなー・・・
とりあえず、アマゾンで買ったプロホースを使って水を1/4程入れ替え。
中々難しく、ソイルを巻き上げてしまったため、メダカちゃんがビビってたきがする。

メダカ育成

プロホース置き場。

メダカ育成

水カビらしき2匹を確保し一旦室内へ。

今いる水の温度をゆっくり室内温度に合わせてから、
ぷくぷくメダカちゃんと同じような手順で別のタッパーで薬浴させる予定。

メダカ育成

がんばれー!

しかし、今後も水カビ病発生し続けるなら辛いなぁ…
根本を絶つ方法を調査しなくては。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)