【保存版】メダカの水カビ病の治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬に水カビ病になった子が何匹がいて、
完治した子の流れをまとめて書いておきます。

メダカ育成

※うちは外で飼育しています・ヒーターありません。
※12月に実施しました。

■薬浴・塩浴させるまで

(1)隔離する
病気のメダカと水槽から500ml程の水を清潔なタッパーに一旦隔離。
(1リットル入る100均のやつとか ※蓋は閉めないでね!)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホームパックB ブルー 2個入
価格:108円(税込、送料別) (2018/4/23時点)

(2)タッパーを部屋にいれる
室内で治療するので、部屋の中に入れて水温を自然に上げていく。

(3)治療用の水を用意する
下記を合わせて用意する。
・メチレンブルー 1滴(※0.17mlくらい)
・天然塩(※伯方の塩) 3g
・カルキ抜きした水 1L
・おさかなぶくぶくブロック(※酸素が溶けだすやつ) 1個

(4)水の温度を合わせる
水温計を使って(3)の治療用の水温と(1)で隔離した水温を同じくらいになるまで待つ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スドー 浮かべる水温計 関東当日便
価格:310円(税込、送料別) (2018/4/23時点)

(5)水合わせする
新品のビニール袋にコップ0.5杯分の(1)の水とメダカを入れて (3)に20分程浮かべ
(3)の水をコップ0.5杯分入れて30分まつ。
ビニール袋からコップ0.5杯分捨ててまた(3)の水をコップ0.5杯入れる。
※徐々に(3)の水の環境に合わせて様子を見る。

(6)メダカを放す
ビニール袋の中身がほぼ(3)の水っぽくなったら
ビニール袋に大き目の穴をあけてメダカが自然に出ていくのを待つ。

メダカ育成

■薬浴・塩浴中

(1)餌をやる
体力づくりのために餌は少量、一日に一回あげる。

(2)水を入れ替える
薬・塩を入れた水を一日一回1/3交換する。(1メダカ=1リットルくらいを維持)
メダカについた綿が無くなるまで続ける。

■薬浴・塩浴の終わり

(1)カルキ抜きした水を用意する
1リットルのカルキ抜きした水を用意します。

(2)薬と塩分の濃度を下げる
1日1回、タッパー内の薬浴・塩浴中の水を1/3捨て、1/3(1)の水を入れる。
一週間弱これをくりかえし、タッパーの水をほぼ、薬と塩分なしにする。

(3)水温を合わせる
水温を徐々に下げるため天気の良い昼間に(3)メダカ入りタッパーを外に出す。
本水槽との水温を確認し同じくらいになるまで待つ。

(4) 本水槽に移す
新品のビニール袋にコップ0.5杯分のタッパーの水とメダカを入れて本水槽に20分程浮かべ
本水槽の水をコップ0.5杯分入れて30分まつ。
ビニール袋からコップ0.5杯分捨ててまた本水槽の水をコップ0.5杯入れる。
※徐々に本水槽の水の環境に合わせて様子を見る。

(5)メダカを放す
ビニール袋の中身がほぼ本水槽の水っぽくなったら、メダカだけを本水槽に放つ。
※ビニール内の水に塩分等が残っていたらほかのメダカに影響があるため、
ビニール内の水は本水槽にできるだけ入れない。

メダカ育成

以上!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)